呼吸法 リラクゼーションヨガ

五臓(心臓・肝臓・腎臓・脾臓・肺)の中で肺は肌や皮膚・の潤いを整えてくれたり・体全体の水分調整をしてくれたり免疫力を高めてくれる働きがあります。

肺=呼吸

呼吸が浅いと体内の二酸化炭素が体に溜まり酸素が減少し血液の循環が悪くなり自律神経の働きが悪くなり、免疫力が低下し病気やウイルスに感染しやすい体になってしまいます。

免疫力とは、体に対して有害な細菌やウイルスに強い(戦える)力。

例(少々の風邪や熱でも自然治癒力で治せるのか?お医者さんに行って薬を服用し対症療法で治すのか?)

生命維持には免疫力・自律神経・血液循環を良くしていくのはとても大事な事です。

 

呼吸法 リラクゼーション

日常、当たり前に行っている呼吸は肺の6割弱も使われてないと言われています。

呼吸する時に使う筋肉(横隔膜・内・外肋間筋・腹直筋・内・外腹斜筋・腹横筋・胸鎖乳突筋・前・中・後斜角筋)が硬くなっていると呼吸も深くできません。

呼吸が深く出来るように体の部位をマッツサージやストレッチなどで整え、今まで意識した事がない肺の上部や後面・側面・首などに意識を向け色々な呼吸法を行って免疫力を高めてレッスン行っていきます。(椅子に座りながらでの受講も可能です)